車に乗ったら別人になってしまった男だったのか、迷惑な男もいるものです。

世の中には色々な人がいます。当然のことです。育った環境も違えばもともと持っている性分もまちまちです。そんな中で私にどれにも似ていない経験をさせた人物がいます。ある日私は妻と待ち合わせていました。その場所に行くのに私も妻も車を使って出かけました。一緒には行けなかったのです。妻にも私にも別々の用事がありました。私はいつもの道を走りました。ある建材店を左折しました。私の前をブルーメタリックの小ぶりの普通車が走っています。ところがあまりにもゆっくりなのです。人が歩く速さくらいでした。その時私は初めてと言える動悸に襲われたのです。いやな予感がしました。その男は25、6歳でした。珍しい形のあごひげをつけていました。私はすぐ右折し横道に入りました。待ち合わせた場所で妻と合流しました。妻が言いました。「さっき、あごひげの男に車を止められて、いちゃもんをつけられたわ。奇妙なあごひげだったわ。私の車の前に割り込んで私の車を止めたのよ。男が降りてきて何か言いながら私の車を蹴ったわ。私はこういうやつには慣れてるわ。ひたすら謝れば去っていくものよ」。私は車の色と車種をたずねました。私の前にいた男の車と同じでした。あごひげの形も同じでした。私はすぐ警察に電話しました。尋常ではないと思ったからです。ナンバーも車の中で控えていました。交番の巡査は言いました。「事情は分かりました。すぐ探します」と。その男は初めて見る男で、それからも見ませんでした。数か月経った頃でした。私はたばこの自販機でたばこを買って車に戻りました。男が歩いていました。なんとあの男だったのです。別人のような姿でした。おどおどして、しょんぼりした感じで、とぼとぼと歩いていました。いろんな人がいるもんだ、これが私の感想です。ミュゼ ひげ

車に乗ったら別人になってしまった男だったのか、迷惑な男もいるものです。

痛々しい子どものとびひ、早く治って欲しいです。

2週間ほど前に子どもの足に虫刺されの跡の様な物を見つけました。

同じ頃に私自身も蚊に刺されたのか痒いブツブツが出来ていて、2日後位に無くなりましたが、子どもの方は赤いブツブツが暫く残っていました。

更に数日後にふと子どもの足を見るとブツブツがあった所に大きな瘡蓋があってびっくりしました。痒くて引っ掻いてしまったんだなぁ、可哀想にと思いましたが瘡蓋になっているならじきに治るだろうと後は特に気にしませんでした。

それが翌日から段々と水ぶくれの様な発疹が次々と出始め、耳の後ろも付け根に沿って切り傷が出来ていて、その周りにも瘡蓋が沢山出来ていました。頭もガリガリと掻いているので髪をかき分けて地肌を見るとやはり瘡蓋が沢山有りました。

こんなになるまで気づかなかったことに反省です。これは加療しなければいけないレベルの物だと初めて気づき、小児科に行くと抗生物質と炎症を抑える成分の配合された薬を処方されました。

薬を塗り始めてからも暫く水ぶくれが増えて行きましたがやっとピークを越えた様です。このまま順調に治って欲しいです。カードローン 審査 通る

痛々しい子どものとびひ、早く治って欲しいです。